GMTについての基礎知識

 

FX龍聖

GMTは、国内証券会社で裁量トレードをやっている方にとっては無縁の概念かも知れませんが、

こと自動売買に取り組むにあたっては重要なファクターとなります。

 

EAは時間の概念が大きく関わってきますからね。

 

今回は、

「GMTって何?」

という所から説明致します。

 

GMTが何の事やら全くわからない方でも、

グーグル様のお世話にならなくてもいいレベルで基礎から応用まで網羅した解説にしたいと思いますので、

どうぞ最後まで、よろしくお願いします^^

 

そもそもGMTとは・・・?

それでは基礎中の基礎の話から^^

GMTとは略語です。

Greenwich Mean Time の略ですね。

和訳して、

「グリニッジ標準時間」。

イギリスのグリニッジ天文台のグリニッジ子午線(経度0度)における平均太陽時を指すものです。

 

ちなみにwikipediaで検索してみますと以下の説明が成されていました。

▼グリニッジ平均時(GMT)とは・・・

グリニッジ平均時(グリニッジへいきんじ、英語: Greenwich Mean Time, GMT)は、グリニッジ天文台・グリニッジ子午線(経度0度)における平均太陽時(mean solar time)を指す。

イギリスの標準時(standard time)は伝統的にこの名で呼ばれる。

ただし日本では平均時ではなくグリニッジ標準時(グリニッジひょうじゅんじ)と訳されることが多い。

かつて国際的な基準時刻はグリニッジ平均時であったが、現在は概念を修正した協定世界時 (UTC) となっている。

こうした事情からUTCとGMTが近似的に同一視される事もある。

用語“G.M.T.”および“Z”(通話表で使用する語は Zulu)は、航法や通信の分野で UTC と一般的に同義語として認められる。

また、GMT は時刻の最大精度が整数秒である法令、通信、民生用その他の目的では UTC の意味で使用される。

一方、GMT は天測航法及び測量における暦の独立引数としては世界時の UT1 の意味で引き続き使用される。

ただし、GMT は適切な名称(UTC、UT1 または UT)で置き換えられる。

出典:wikipedia

 

UTCやらITCやら、なんだか難しい話になっておりますが、FXの予備知識としてGMTを理解するに、そこまで詳しくを知る必要はありません(^^;)

ここはザクッと、

「GMTとは世界の標準時刻の事で、それはイギリス時間である」
という認識で必要十分でございます^^

つまり、イギリス時間は「GMT±0」であり、

その時間を軸に何時間ズレているかで各地域のGMTが決まる訳です。

ちなみに日本は「GMT+9」ですね。

イギリスと日本とでは、9時間の時差があるという事です。

 

GMTと自動売買の関係

それでは、なぜ自動売買(EA)にGMTが密接に関わってくるのかを説明致しましょう。

EAは、MT4上で稼働するものですが、

MT4のサーバー時間に合わせてEAのGMTを設定しないと、EAが正しい時間の認識ができずに、間違った動作をしてしまう

からです。

今や、海外のMT4口座開設も選択肢として珍しいものではありませんし、国内のMT4口座でも、サーバー時間は海外時間になっている事があります。

そのため、

EAを動かすためには使用するMT4のサーバー時間(タイムゾーン)を調べる必要がある

という訳ですね。

夏時間と冬時間

海外には、夏時間冬時間の切り替えを採用している国があります。

元々の考え方としては、冬時間が軸として、

夏時間→SUMMER TIMEは活動時間を冬時間より1時間繰り上げる
ことをいいます。

このSUMMER TIMEは1784年、ベンジャミン・フランクリン(アメリカ独立に多大なる貢献をした人物)が

『朝の活動時間を早め、太陽の光を有効に利用して、ロウソクの無駄遣いを止めよう』

と提起したことが原点になっていると言われています。

このサマータイムのメリットは一説では

「原油の換算の省エネ効果で年間50万リットルになる」

とか、なんとかと諸説あるそうです。

しかし、この夏時間を採用している国は、国連加盟国193カ国の内、64カ国にとどまります。

アメリカは夏時間を実施している事で知られますが、

実はハワイ州とアリゾナ州は実施していません。

 

同じアメリカでも夏時間を実施しない週もあるんですね!

一時は実施していたが、廃止したという国もあり、国や地域によってメリットとデメリットが分かれてしまうという言った所でしょうか??

ちなみに現在の日本はサマータイムの実施はありませんが、

1948年から1953年まで実施していた

そうです。

日本にもそういう時代があったんですね~

 

「へえ」

「へえ」

 

ですね(笑)

 

夏時間・冬時間の切り替え

さて、お使いのMT4のサーバー地域がサマータイムを導入しているのでしたら、

夏時間と冬時間が切り替わる時にEAのGMT設定も切り替えておかないとなりません。

たった1時間のズレですが、

EA設計の意図が100%反映されたトレードを行うにはやはりGMTの切り替えは必要

なんです。

 

例えば、日本時間午前8時からトレードを開始するEAであれば、

夏時間・冬時間の切り替えを怠ってしまうと、夏時間では午前7時からトレードを開始してしまったりする訳で、

ロジックの時間指定通りに稼働しない事にはやはり具合が悪いですよね??

 

なので、

MT4のサーバー時間がサマータイムを導入していれば、きっちりEA側でGMTの切り替えをしていく事が順当

という事になります。

各国の夏時間の範囲

各国の夏時間一覧です。

<ニュージーランド>
10月第1日曜日から3月第3日曜日まで

<オーストラリア>
10月最終日曜日から3月最終日曜日まで

<ヨーロッパ、ロシア>
3月最終日曜日から10月最終日曜日まで

<アメリカ(ハワイ、アリゾナなど、実施しない州もあり)>
4月第1日曜日午前2時から10月最終日曜日午前2時まで

 

ニュージーランド、オーストラリアの夏が10月??ってなるかもしれませんが、これは南半球、北半球とは季節が逆転するので、サマータイムが各地域で違います。

 

各MT4ブローカーのタイムゾーン

それでは各MT4ブローカーのタイムゾーン(GMT)を挙げておきますね。

海外FX業者(ブローカー名 夏時間 冬時間)

Iron FX
+3,+2

FxPro
+3, +2

FXDD Malta
+3, +2

HotForex
+3, +2

AAAFx
0, 0

Tadawul FX
+2, +1

FX Clearing
+3 ,+2

4XP
+3, +2

Instaforex
+3,+2

FXCC
+3, +2

FXOpen
+3, +2

Titan FX
+3, +2

TradingPoint
+3,+2

 

MT4国内ブローカーのタイムゾーン(ブローカー名 夏時間 冬時間)

AVA TRADE
0,0

楽天証券
0, 0

FXトレード・フィナンシャル
+9 ,+9

外貨ファイネスト
+9, +9

サイバーエージェントFX
+3, +2

セブンインベスターズ
0, 0

FOREX.com
+9, +9

 

海外業者のみならず、

国内業者でもMT4サーバー時間はそれぞれ

ですので注意が必要ですね。

 

国内証券会社のMT4でも、サーバー時間が日本時間とは限らないのです。

サーバー時間が日本時間で設定している国内MT4ももちろんあります。

その場合は業者夏冬の区別がなく、GMTの切り替えは不要という事になりますね。

 

GMT設定によって成績が異なる点について

ここからは、実際のEA検証の話になってきます。

 

バックテスト、フォワードテストに関わらず、GMT設定によって成績が異なってくるという現象が起こってきます。

 

例えば

正しくGMT設定をした成績よりも正しくない設定の方が利益を上げてしまったりする事はよくある

のです。

 

EAというのは過去の値動きに対応した設計がなされているので、

未来がいかにフィッティングしていくかは開発者にも分からない

訳です。

結果、例えば

GMTの切り替えが必要なブローカーでも、敢えて切り替えをしない方が成績が良かったという事も起こり得る

のです。

 

極端な話、めちゃくちゃなGMT設定でも成績を上げる事ももちろんあります故に、これはどうするべきかと頭を悩ませてしまいますね(^^;)

 

しかし、EAの時間軸がずれる事で成績がマチマチになってしまうのはあくまで結果論です。

 

やはり指定された通りのGMT設定をするべき

だと私は考えます。

 

短期の成績では本来のEAパフォーマンスは測れないですしね。

 

規定値から外れたGMT設定で今は良くてもこれからが悪くなる可能性もありますから。

 

何にせよ、パラメーターに関しては、必要以上に深く考えすぎない事が大切です。

 

FXとは、ざっくばらんに考えておいた方が良い点もあると思っています。

 

GMTは+2、+3が最も有利??

GMTによって成績が異なるのは先にも述べた通りでありますが、

「GMTは+2、+3の業者が最も有利である」

という声もよく聞かれます。

 

各MT4のタイムゾーンの一覧を上げましたが、+2、+3のタイムゾーンを持つ業者が多いことが分かりますが、

それは、+2、+3の時間軸で相場を見ている人多く、トレードの優位性が高くなるという理屈に繋がる訳です。

しかし、EAのタイプや、時期によっても違いますし、

一概に断定する事は難しい

とは思いますね。

 

参考程度の情報に留めておくのが望ましいでしょう。

 

まとめ

GMTについて、いかがでしたでしょうか??

例え裁量トレード派の方も、FXの予備知識として頭にいれておいて損はない知識ですね。

そして、自動売買派に方は、GMTの概念を深く追求しすぎない事ですね。

「どのGMT設定が最も利益が出るのか!?」

なんて考え出すと、明確な答えは出ない様に思います。

とりあえずEAの設計通りに、規定されている通りの設定で運用するのがベストでしょう。

 

 

E-Book「年間平均1万PIPSを稼ぐ戦略とその思考法」

常勝トレーダーのアタマの中、覗いてみませんか?

 
全71ページの読み応えある無料E-Bookです。
あなたのトレード戦略構築に是非生かして下さい!
このE-Bookを読めば、
「常勝トレーダーのノウハウ」
「トレーダー的思考法」

を知る事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA