FX口座を開設する方法(DMM.com証券・FXDD編)

FX龍聖

こんにちは、こんばんは。

FX龍聖です!

 

FX(外国為替証拠金取引)をするにはまず、
FX業者(証券会社)で証券口座を開設する必要があります

といっても、
いきなりどんなFX業者が良いかを選ぶのは難しいですよね。

ここでは、
口座開設をする上で持っておきたい必要な知識、
そしてFX口座開設の方法について解説致します!

 

FX業者を選ぶときに重要なポイント

ドル円のスプレッドは0.3銭が目安

FX業者を選ぶときにもっとも重要なポイントの一つが
「スプレッド」
です。

スプレッドとは「売値(Bid)」と「買値(Ask)」の差
のことで、これが取引コストになります。

たとえば
売値が115.01円、買値が115.02円のとき、差の0.01円(1銭=1pips)がスプレッド(取引コスト)
になります。

現在は多くのFX業者において
「取引手数料無料」
が謳われていますが、
スプレッドが実質の手数料になっているのです。

 

2017年現在、
ドル円(USD/JPY)のスプレッドは0.3銭(0.3pips)前後が最安値帯
になっています。

取引をする上で、スプレッドは確実なコストになるため、
できるだけスプレッドが安いFX業者を選んでおきたいところです。

しかし中には、
スプレッドは狭いけれど約定しにくい(取引が成立しにくい)
というFX業者もあります。

約定力は取引量によっても異なり(一般的に取引量が多いほど約定力が下がる傾向があります)、
また人によって感じ方も異なるため、
実際に口座開設をして取引をする中で確認するのがよいでしょう。

 

1000通貨取引に対応しているか

FXの基本となる取引単位は1万通貨(ドル円なら1万ドル)です

ここに最大25倍のレバレッジをかけて取引をするため、
実際には最低4万円程度の証拠金があれば取引できることになります。

しかし、
証拠金に対して目一杯のポジション量を保有してしまうと、
相場が思惑と外れてちょっとマイナスになっただけで
強制ロスカットになってしまうリスク

があります。

証拠金はできるだけ多く用意したいところですが、
資金力は人によって異なります。

 

また、ほんの小さい取引でFXをやってみたいという人もいるでしょう。

そこで最近は、
1万通貨の10分の1の取引ができる1000通貨取引
ができるFX業者が増えてきました。

1000通貨取引は、1万通貨取引と比べると、
利益は少なくなりますが、その分損失も少なくなります。

FXをはじめて間もない人や、
たくさんの資金を用意できない人は
1000通貨に対応しているFX業者を選ぶのもよいでしょう。

 

ローリスクローリターンの取引はトレードを上達させるメリットもあります。

そこに関しては下記の記事で説いておりますので、
お時間ありましたら是非ご参照下さい!

トレードが上手くなるための資金管理術

 

取引時間も確認してみよう

「FXは24時間取引ができる」と言われていますが、
実際に取引ができるのは月〜金曜日で、土日は取引ができません

また、1月1日の元日や12月25日のクリスマスも
取引ができないところがほとんどです。
(祝日は取引できます)

一般的に、
FXの日付はニューヨーク市場がクローズする午前7時(夏時間は午前6時)
に変わります

この時間帯はFX業者のメンテナンス時間(ロールオーバーの時間)にも重なることがあるため、
取引できないことも少なくありません。

さらに、ニューヨーククローズをはさんだ時間帯はFX業者によって営業時間がまちまち
になります

基本は、月曜日の午前7時(夏時間は午前6時)〜土曜日の午前6時59分(夏時間は午前5時59分)
まで取引ができることになっていますが、
前述のように取引時間はFX業者によって異なるため、
口座開設をするときは取引時間にも注意してみましょう。

特に、週明けのオープン時間と週末のクローズ時間はFX業者によって大きな差があるので、注意が必要です

 

スマートフォンに対応しているかチェック!

最近はパソコンだけでなく、スマートフォン(スマホ)からFXをする人が増えてきましたね

それらのニーズに対応するため、独自のアプリを開発しているFX業者も多いです。

中には、スマホ対応していない、スマホからだと操作が制限されるといったところもあるので、
特にパソコンを持っていない人や外出が多い人は注意
しましょう

さらに、最近はiPhone(iOS)が普及したこともあり、Macを使う人も増えてきています。

FX業者によって、WindowsとMacで環境が異なる場合があるので、必ず確認するようにしましょう。

 

FX業者によっては「キャンペーン」があるところも

近年、FX業者間での競争が激化しています。

その結果のひとつのあらわれがスプレッド競争です

数年前までドル円のスプレッドは1銭程度でしたが、最近は1銭以下であることも珍しくありません。

ただ、スプレッド競争にも限界があります。

そこで、最近はキャンペーンに力を入れるFX業者が増えてきました

口座開設をするとキャッシュバックがもらえるところ、
取引数量によってキャッシュバックがもらえるところ
など様々です

なかには、取引数量に応じて食品がもらえる「食品キャンペーン」を毎月実施しているFX業者もあります。

キャンペーンを意識するあまり、
取引しすぎてスプレッドコストがかさんでしまうのは考えものですが、
これらのキャンペーンを上手に活用するのもよいでしょう。

 

FX取引をはじめるにあたって

FX業者は数多くありますが、FX取引をはじめるまでの流れはある程度共通しています。

  1. FX業者を選ぶ
  2. FX口座開設の申込み
  3. 本人確認書類を送付する
  4. 審査
  5. ログインに必要な情報(IDやパスワード)が届く
  6. FX口座に証拠金を入金する

FXにはリスクもある

FX口座開設の申込みでは、これまでの投資経験などについても確認があります。

FX口座を開設するときには、「FXの利益をどうしよう」というプラスのことばかり考えがちですが、
FXにはリスクも存在することを覚えておきましょう

そのため、
資金は生活に必要のない余剰資金で臨むことが大切です

 

本人確認書類とマイナンバーはアップロードでOK

FX口座開設には現住所が確認できる本人確認書類とマイナンバーの提出を求められます
(国内口座の場合)

 

これらはパソコンやスマホでアップロードして提出できます。

本人確認書類には以下のものがあげられます。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 個人番号カード

本人確認書類として認められている書類はFX業者によって異なる場合があるので、
公式ホームページで確認してみましょう。

特に顔写真が付いていないといけないもの、
2種類の提出が必要なものなどがあります。

 

FX口座開設の審査に落ちた…

残念ながらFX口座開設の審査に落ちてしまったという方もいるかもしれません。

多くの場合、審査落ちの理由は教えてもらえません

ただ、FX業者は数多くあり、審査基準も異なるため、
別のFX業者に申し込んでみるというのもひとつの方法
です

また、申込内容に記入漏れや間違いがなかったかも確認しましょう。

FX業者の口座情報は転送不要の郵便で送られてきます。

現住所が異なっている場合は郵便物を受け取ることができないので、
本人確認書類の現住所と実際に住んでいる住所を一致させておくようにしましょう。

 

入金にはネットバンキングが便利

FX口座を開設したら、銀行などの金融機関からFX口座に入金をします。

このとき、
ネットバンキングを利用するのがおすすめ
です。

ネットバンキングなら、24時間いつでもリアルタイムで入金(クイック入金)
ができます

クイック入金ができると、万一証拠金が不足したときも、
証拠金を入金することで強制ロスカットを回避することができます。

ただし、想定したよりも多くの損失を抱えないように注意しましょう。

 

国内編:DMM.com証券の口座開設申込み

それでは、日本国内のFX業者であるDMM.com証券を使った口座開設の方法を紹介します。

 

1. 「口座開設はこちら」をクリック

DMM.com証券の口座開設リンクより「口座開設(無料)はこちらから」をクリックします。
(以下より無料解説する事ができます。スプレッドも非常に安く、お薦めです!)

 

 

2. 必要事項を記入する

以下の様に契約締結前交付書面、各種重要事項の承諾にチェックマークを入れ、

入力フォームに必要事項を埋めます。

 

 

必要事項を全て埋めましたら、申し込みを完了させる事ができます。

申し込み後、本人確認書類とマイナンバーを提出します。

郵送よりアップロードが便利ですね。

 

海外編:FXDDの口座開設申込み

続いて、海外FX業者のFXDDの口座開設方法をご紹介します。

海外FX業者は慣れない方もいると思いますが、多くの海外FX業者のホームページでは日本語に対応しているため、国内FX業者と変わらない申込みが可能です。

また、サポートもチャットやメールなど日本語サポートに対応しているので、安心して利用できます。

 

1. 「ライブ口座開設」をクリック

FXDDのホームページから「ライブ口座開設」をクリックします。

FXDD

 

2. 「申請する」をクリック

「個人口座」の「申請する」をクリックします。

FXDD

 

 

3. 必要事項を記入する

名前やEメールなど必要事項を記入して「開始」をクリックします。

FXDD

「ご希望の口座種類」は「JPY」を選びます。

ドル建て口座(口座をドルで管理する場合)を希望する場合は「USD」を選びます。

「取引プラットフォーム」は「Standard (MetaTrader 4)」を選びます。

記入しながら「保存して継続」をクリックします。

 

4. オンライン署名

最後にオンライン署名をして「完了」をクリックすれば完了です。

FXDD

 

まとめ

国内や海外には数多くのFX業者が存在します。

スプレッドや最低取引数量、キャンペーンなど自分の取引条件に合ったFX業者を見つけたら、
積極的に口座開設をしてみましょう!

E-Book「年間平均1万PIPSを稼ぐ戦略とその思考法」

常勝トレーダーのアタマの中、覗いてみませんか?

 
全71ページの読み応えある無料E-Bookです。
あなたのトレード戦略構築に是非生かして下さい!
このE-Bookを読めば、
「常勝トレーダーのノウハウ」
「トレーダー的思考法」

を知る事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA