勝てる自動売買トレーダーになる方法

FX龍聖

自動売買(EA)って魅力的ですよね!

自分に成り代わってロボットが売買してくれるなんて!!

まあそれも勝ってくれないと意味がないのですが、
優秀なEAでも負ける時は負けます。

ダメなEAが負けるのは当たり前。
良いEAでも負けるのは当たり前。

 

では、

ど~すりゃええねん!

という事になりかねません。

特に初心者の方にとってはそうでしょう。

 

今回は、

「勝てる自動売買トレーダーになる方法」

について考えてみました。

 

私は自動売買で勝つ方法において、とある”決定打”を持っています。
それは多くが実践できていない事です。

一体何だと思いますか??

それでは本題に移りましょう!

まず、基礎中の基礎を理解すべし。

「勝てる様になりたいなら、まず基礎から理解しましょう」

というと、

「え~、またその話??もういいよ。」

「早く勝てる方法を教えてよ」

という声が真っ先に帰ってきそうです(^^;)

 

克!

ですね!

 

基礎の話を毛嫌いする人に限って勝てる意識が備わっていません。

実は投資に限らず、何でもそうだったりする。

 

稼げる人は意識が高い。
意識が低い人は稼げない。

 

このご時世、稼げるステージは色々とあるものですが、
結局、取り組む方の意識次第と言う事ですね。

 

”情報弱者”って言葉がありますが、
これはただ「物事を知らない」という事だけでなく、
他力本願マインドから抜け出せない意識の低い人の事を言います。

 

世には稼ぎたい人がたくさんいますが、意外に上記に該当する人々の人口の方が多いんです。

投資にも然りですね。

 

特に自動売買と聞くと、他力本願マインドで臨んでしまいそうなニュアンスもありますが、

それはトンデモありませんね。

 

基本的に”自力”が高いレベルで備わっていないと継続的に勝つことはできないのです。

 

自動売買とは言え、資金管理も自由、EAを動かすのも止めるのも自由です。

FXトレードはその「独特の自由度」がある故に難しいものとも言えます。

 

その自由の中で、

「いかに自分自身に規律をかけられるか」

なのですが、

それは裁量トレーダーでもシステムトレーダーでも同じ様な命題を課せられているという訳です。

 

システムトレーダーに課せられた命題

自動売買において課せられた命題とはどういう事が挙げられるでしょうか??

ポイントで見ていきましょう。

 

確率論を理解できているか

トレードと確率論は切っても切り離せないほどに密接に関わりあっています。

この確率論を理解できていないと、感情に振り回されたトレードになってしまいます。

 

ここに勝率50%の実績を持つ売買戦略(EA)があるとします。

勝率50%を、「2回に1回は勝てるもの」と思ってしまうと、早いうち痛い目に遭います。

 

勝敗はランダムに分布します。

勝率50%でも、
大連勝する事もあれば大連敗する事もある訳です。

 

ここで1つ、「勝率と連敗確率」というテーマでデータを出して下さっているブログの資料を拝借させて頂きます。

出典:べらじ男のFXブログ

 

トレードにおける勝率というものは、トレード回数が大きく関わってくるものですが、まずこの様な事を理解しておかないとトレードなんてやってられません。

勝率50%の実績がある戦略と認識している中、いきなり5連敗もすれば、

「????」

ってなる方、多いのではないでしょうか??

 

しかし計算上では、100回トレード中6連敗する確率は55.37%もあるんです。

これはもう「しょっちゅう起こる」と認識していて良いレベルです。

 

それでは、10連敗する確率はどうでしょうか。

100回トレード中4.81%ですね。

3000回トレードしたら77.06%とかなりの高確率と来た。

 

この調子だと勝率30%台などの
低勝率戦略などは、
「負けの記憶しか残らないんじゃないか」
と言う位にひどいもんだと言う認識で
ちょうどいいんじゃないかと思っています。

 

私のBigBangProfitSignalEAの平均勝率は4割を切ります。

負けだすとイヤと言うほどの連敗を叩き出してくれます(^^;)

でも私は平気です。

 

その連敗は既に織り込み済みであり、起こって当然の事と認識していると共に、
その酷い連敗の末に利益を積み重ねている歴史を知っているからです。

 

利益を積み上げるべく、負けている事を熟知しています。

 

なんせ、BBPの生みの親ですから、世界に置いて誰よりもBBPの事を熟知しており、ロジックと信頼関係を結んでいる自信があります。

 

「生みの親」

↑これ、超重要ワードです。

それについては後で触れますね。

 

投資開始タイミングは”運”であると割り切れるか。

トレードあるあるな話を一つ。

新しいシステムを導入した後に限って連敗、ドローダウン。

 

「一体なんなんだよっ」

とシステムを停止する。

もしくは取り組んでいたトレード手法を早くも破棄。

 

まあ気持ちは分かりますとも。
確かに凹んでも仕方ありません。

 

個人が自己のトレード成績を評価するに、投資開始タイミングが大きく影響して来ます。

投資を開始するや否や、いきなりドローダウンしてしまえば、もちろん面白くありません。

 

しかし、投資スタート直後にドローダウンした事は確かにイヤな事ですが、

「一戦略においてはただドローダウンが起こっただけの話」

であり、当たり前の事象なのです。

 

一個人の都合に関わる感情的評価は、トレード戦略の評価に繋げるべきではありません。

そこで起きたドローダウンが織り込んでいる範囲の損失に留まっているならば、システム、トレード手法を放棄する正当な理由はないという事になります。

 

一個人の投資タイミングなど、一(イチ)トレーダーの都合に過ぎないのです。

 

幸先良い投資タイミングになるかどうかはそれこそ”運”ですので、そこに力一杯のこだわりを入れても仕方ないと割り切る事が大切です。

 

とは言え、

できるだけ幸先良いスタートを切りたい気持ちも分かります。

そこを狙う方法もあります。

 

投資開始ノッケから勝ちを狙う方法は、

「ドローダウンしている中で投資を開始する」

という方法論を取る事ですね。

 

でもこれは大衆が望む逆の方法論だと言えますね。

 

皆さん、フォワードテストで絶好調に過去最高益を更新しているタイミングで投資を始めたがりますが、確率論的に、絶好調の後はまとまった負けが入る事が多いです。

 

かといって、収支曲線がダダ下がりの中でその戦略を使いたいとも思わないのが人情というものです。

でも、負けが続いている状況は、上昇基調にある銘柄の押し目買いみたいなもので、幸先良い投資スタートを切れる可能性が高いのです。

 

「成功するには大衆の逆の行動を取れ」

とはよく言ったものですね。

 

行使する戦略を熟知しているかどうか

トレード戦略を選択する際に、

「行使する戦略を熟知しているかどうか」

は、その後のトレードにおいて大きな影響を及ぼします。

 

EAであれば、ストラテジーレポート(バックテスト結果)の数値やチャート上でのトレード結果で判断して、その戦略が取る方向性を掴む事、などがそれに当たります。

 

しかしそれら、「戦略を熟知する方法」自体、何とも難しい要素を孕(はら)んでいるのです。

 

EAのストラテジーレポートと言っても、多くの場合、「過剰最適化された過去検証」を見せられている事から、未来における再現性に関しては”眉唾もの”であるという事ですね。

 

私自身、EAのバックテスト結果の再現性には拘る方なのですが、そのEAのロジックがブラックボックスである以上、完全なる戦略の熟知は難しいと思っています。

もちろん、私は市販しているBigBangProfitSignalEAもロジックは非公開です。

それだけに最たる意味での熟知は無理だというものでありので、やはり、バックテストレポートから最大限の理解をして頂くより方法はないでしょう。

 

ロジック公開付きのEAを数万円で販売する訳には行きません。

仮に、

「ロジック公開付きバージョンを提供しますから、30万円支払う覚悟はありますか?」

と問われれば、多くの人々にとってそんな大金を払う気はないでしょう。

 

でも軽く30万円くらいの価値はあるのです。

その位、ロジックが分かっているのとそうでないのは、価値に大差があるという事ですね。

 

さて、話は核心に入っていきます・・・!

 

勝てる自動売買トレーダーになる方法

市販のブラックボックスEAを駆使しても、優良戦略を選んで行けば十分勝機はあると思います。

ですが、それらは私が認識している「勝てる自動売買トレーダー」の最上級の姿ではありません。

 

最上級の勝てる自動売買トレーダーとは、

「優位性の高い自作ロジックの自動売買スキームを持つ事」

です。

 

自作は自作でも、「優位性の高いロジック」を見出す事自体が簡単ではないのですが・・・

 

でも私にできたのですから、あなたにもできます!

と、できると信じて取り組む価値はありますね。

 

前述した通り、BBPの生みの親である私はBBPロジックに高い信頼を置いています。

だからこそ、多少のドローダウンは気にならないし、EAを放置できるのです。

 

そこは申し訳ないですが、一般のBBP購入者の方が置かれているマインドとは比較にならない程の安定感があると自覚しています。

 

私の友人トレーダーには、自作ロジックで手動システムトレードを淡々と行なっている人が多いですね。

勝っても負けても、時には負け倒しても、たとえ年間マイナスになろうとも軸をブラさないのは流石です。

そこは、自分自身が確立したロジックを使っているからこそ可能な境地なのです。

 

ロジックブラックボックスEAを取り扱っていて、年間マイナスになれば多くの人が稼働を中止するでしょう。

 

「唯一勝てるEAとは自作 EA」

とさえ言われたりします。

 

その理由は非常に分かりやすいですね。

自作EAへの信頼性は それだけ高いという事です。

 

トレードで勝つには、いかに行使するロジックと信頼関係を結ぶのか、
という事なんですね。 

最終的にはマインドセットに回帰するという話です。

 

マインドセットを軽んじている人がいかに愚かであるか、お分かりですよね??

 

嗚呼、トレードとは深イ〜

 

EA投資で高い次元に上り詰めたい方、ロジックの自作に挑戦される事をお勧め致します^^

E-Book「年間平均1万PIPSを稼ぐ戦略とその思考法」

常勝トレーダーのアタマの中、覗いてみませんか?

 
全71ページの読み応えある無料E-Bookです。
あなたのトレード戦略構築に是非生かして下さい!
このE-Bookを読めば、
「常勝トレーダーのノウハウ」
「トレーダー的思考法」

を知る事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA