「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」の概念にご注意を

FX龍聖

どうも、FX龍聖です!

テクニカル分析において、

「売られ過ぎ」
「買われ過ぎ」

の概念があります。

 

相場状況によってはこの概念が機能するのですが、
全ての値動きに当てはめられるものではありません。

どれはどういう事なのでしょうか??

解説したいと思います!

動画解説はコチラ!

「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」は厄介な表現??

トレードにおいて、
「売られ過ぎ・買われ過ぎ」
の概念を元にトレードする手法があります。

オシレーター系のテクニカル指標で用いられる概念ですね。

しかし、この概念を安易に用いるだけでは
相場から思わぬしっぺ返しを食らってしまいます。

そうです。

「売られ過ぎ」
「買われ過ぎ」

とは、多少厄介な表現なんですよね~

 

オシレーター系指標の代表選手

「売られ過ぎ・買われ過ぎ」
を判定するテクニカル指標は複数存在します。

それらを
”オシレーター系指標”
と言います。

オシレーター系を代表するインジケーターを
挙げるとするならば、

  • RSI
  • ストキャスティクス
  • CCI
  • ボリンジャーバンド

などですね!

ボリンジャーバンドは、
オシレーター系とトレンド系が
組み合わさったような
インジケーターですね。

 

詳しくは動画で!

「売られ過ぎ」
「買われ過ぎ」

の概念は、
「有効な使い方」
があります。

かくいう私のトレードロジックも、
「オシレーター系指標」
が活躍します。

売られ過ぎ、買われ過ぎ
の概念も、
うまく活用すれば
絶大な効果
を発揮するものです。

詳しくは動画で述べているので、
動画の方も是非ご覧くださいませ^^

 

E-Book「年間平均1万PIPSを稼ぐ戦略とその思考法」

常勝トレーダーのアタマの中、覗いてみませんか?

 
全71ページの読み応えある無料E-Bookです。
あなたのトレード戦略構築に是非生かして下さい!
このE-Bookを読めば、
「常勝トレーダーのノウハウ」
「トレーダー的思考法」

を知る事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA