オリジナルのトレードルールを作ろう!

FX龍聖

どうも、FX龍聖です!

多くの迷える勝てないトレーダー達が
恐らくみんなが共通しているとある願望があります。

それは、
「勝てるトレードルールが知りたい」
という事です。

その勝てるトレードルールというのは、
知れば簡単に手に入りそうですが、
知っただけでは当然ダメな訳です。

現在の「情報の海社会」では、
勝てる手法と言うものは意外に簡単に手に入るが、
本当に身に付けるには
一筋縄には行かないのです。

それでは本当の意味で優位性が高い手法とは何なのか。。

 

それは、

「オリジナルのトレードルール」
です!

一体、どういう事なのか。

拍子抜けした方もおられますか??

でもそこだけは譲れませんよ~!

それでは、
本題に入りたいと思います^^

動画解説はコチラ!

ますは”トレーダーあるある論”から

冒頭でも述べましたが、
現代は「情報の海」です!

トレードの仕方や云々はそこら辺に転がっているし、
数万円のFX商材を買えば、
どれだけでも手法を手に入れる事が出来るのです。

では、
情報商材で勉強する人に
フォーカスしてみましょうか。

煽り満載なFX商材を購入し、
意気込んで勉強し、

「こんな簡単に勝てるのか」
「これだったらイケるのかもしれない」

と期待値も満載。

勢いで早速リアルトレードに入って、
いきなり5連敗・・・

商材では勝率70%と謳われている。

「何なんだよ!嘘ばっかり。使えないんじゃん、詐欺商材!」

とそのFX商材はゴミ箱行き・・・

そうやってノウハウコレクターの道を
極められていく人々の
多いこと多いこと。

それは分かるわ~

と納得しているあなたも、
ひょっとして経験があるのかも
知れませんね。

 

手法は「借り物」ではお役に立たない

上記の様に、
せっかく手法を手に入れても
簡単に捨ててしまう。

どうしてその様な事になってしまうのでしょうか。

それは、
その手に入れた手法が、

「借り物」に過ぎないから
なんです。

手法が”借り物”である内は、
本当の意味で手法を腹に据えられていない状態で、
それでは手法が一時的にも機能しなくなった時に、

「手法を信用できなくなる」

訳です。

仮に、
長期的に勝てる手法を使っていたとしても、
損失時期を免れる事はできません。

そこを「借り物トレードルール」では、

途端に手法に対し、懐疑心が生まれ、
やがてはトレードを継続できなくなってしまう訳です。

そのスパイラルにハマっている以上は、
継続的に利益を積み上げる事はできません。

 

トレードルールを腹に据える方法

つまり、
継続して利益を上げるには、
トレードルールを腹に据える事ができないと
いけない
という事ですね。

では、トレードルールを腹に据えるにはどうしたら良いのか。

それは、
高い精度の過去検証
を積みあげる
事ですね。

かくいう私は、
自分のトレードルールの過去検証は
手書きで鬼の様に
やってきました。

トレードルールを腹に据えるにあたり、
過去検証は必須です。

手法が腹に据えられると、
多少の損失が発生しても
動じる事がありません。

その損失(ドローダウン)が想定内である内に
投資を中断しても意味がない事を
知っている
からです。

 

オリジナルのトレードルールを作ろう!

FX商材やインターネットなどで
仕入れてきた手法でも、

きっちり過去検証を積み、
自分のものに出来たならば、

その手法は借り物ではなくなっているので、
継続して勝てるトレーダー
になっている可能性は高いでしょう。

そうやって、
自分で編み出したトレードルールでなくても
手法を腹に据える事は出来るのですが、

大抵は、
どこかで知ったトレードルールでも
真摯に向き合い、
検証している内に、

オリジナルのルールを加え、
ブラッシュアップしている事が多いですね。

そうやって完成した手法というのは
「立派なオリジナルのトレードルール」
と言っても良いでしょう。

オリジナルのトレードルール
を作る事に挑戦する価値は
非常に高いです。

勝てる手法を手に入れる事が出来た喜びは
この上ないものになるでしょう。

 

聖杯を探し求め続ける旅に出ている、

「手法ジプシー」

の方には、

特に是非取り組んで頂きたいと思います^^

E-Book「年間平均1万PIPSを稼ぐ戦略とその思考法」

常勝トレーダーのアタマの中、覗いてみませんか?

 
全71ページの読み応えある無料E-Bookです。
あなたのトレード戦略構築に是非生かして下さい!
このE-Bookを読めば、
「常勝トレーダーのノウハウ」
「トレーダー的思考法」

を知る事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA