裁量トレードで勝てなくて疲れてしまった人の処方箋 その1 ~再現性の低い裁量トレードとの決別~

誰しもが憧れる爆益裁量トレーダー。

しかし、いくら勉強しても裁量スキルを身に付けられずに終わってしまう方がほとんどです。

 

ベストセラーの裁量系商材で勉強して勝てるようになりましたか??

残念ながら大多数を占める割合の方が「NO」という答えが出ている現実があります。

 

裁量トレードをいくら勉強しても勉強しても身につかない。
もう疲れてしまった・・・

という方に是非見て頂きたい記事です。

 

心配しないでください。

裁量トレードで疲れてしまったあなたでも実践できる”FXの勝ち方”があります。

 

この話題は無料レポートにしているもので、初版を書いたのは随分と前の話であります。

今でもよくダウンロードされるので、内容をブラッシュアップさせ、ブログ記事化したいと思います^^

 

FX龍聖
裁量トレードの才能がなくてもは継続的に勝つ方法はある!

 

再現性が低い裁量トレード

裁量トレードでじゃんじゃん稼ぐ事は、誰しも⼀度は憧れます。

「裁量トレードをマスターするぞ!」

と決意を固め、夢と希望で胸を躍らせ、裁量トレードを学習するが、結局⾝につかずに終わってしまう・・・

⼤半の⽅がこのパターンにハマってしまっている様です。

 

かくいう私も、「勝てる裁量スキルを身に付けたいけど一向に身に付けられないトレーダー」の一人でした。。

まあ、色んな先生について勉強してきましたよ。

でも一向に勝てる様にならない。

 

次第に、裁量トレード自体、それを勉強した人の何割位が勝てる様になってるのか、という事が気になり、色々と調べる様になりました。

調査の結果、(って変な言い方ですが)

良書とされるトレード教材や塾で勉強した人々の殆どが勝てる様になっていないという統計を知りました。

 

裁量トレードの再現性の低さを実感してしまったのです。

何も自分だけが能力が低いという訳ではなかったのです。

 

裁量トレードの再現性が低い理由

何故、裁量トレードの再現性が低いのかを考えてみましょう。

それはやはり、勝てる裁量トレーダーの取引には、感覚や勘的なものが多く含まれている事に他なりません。

ザックリとしたルールは存在するが、システム化できるほどのルールが存在しないという裁量手法が圧倒的に多いですね。

 

例えばライントレードを扱う王道の裁量手法があるとします。

「何回も値動きが止められている箇所を水平線で結び、ラインを引きます。」

と裁量先生は言う。

その理屈は誰でも分かるのですが、その先生のエントリーと決済ポイントを見るからに、どうもつじつまが合わない事が多いのです。

 

各エントリーポイント、決済ポイントは大枠のルールに沿ったものであるのは分かるのですが、裁量先生のトレードは明らかに「イイとこ取り」ができていたり、先が見えていたかのような都合の良いトレードができていたりします。

実際には、「トレード条件に合致しているのに負けている」箇所はたくさん存在するのですが、裁量先生は何故かそういったポイントは華麗にスキップをして、美味しい所だけトレードできているのです。

結局、”練習するしかない” ”勘を磨け”という、全く具体性に欠ける解決法を提示され、納得のいかないまま学習を続ける・・・

その様な経過で、多くの人々、遭えなく挫折してしまう訳です。

 

「そうそう、そうなんだよ!」

という声が聞こえて来そうですね^^

 

上記は全て私が体験してきたものです。

私やあなただけ特別に能力が低いという事でもなく、圧倒的多数が感じているであろう境地ですので、とりあえず安心して下さい(笑)

 

裁量トレードの才能がない私の方向転換

「自分に裁量トレードの才能はない」と判断した私は、一旦裁量トレードスキルを磨くための学習に区切りを付けました。

”このままでは徒労に終わる可能性の方が高い”

と感じたんです。

⾃分はやはり、⼀定のトレードルールを厳守したトレードの中に普遍的な優位性を⾒つける事に専念する事にしました。

いわゆる、勝てる⾮裁量トレードルールを模索し続けたのです。

 

裁量トレードでは、トレードルールを完全システム化してしまうと何故か勝てなくなってしまいます。

そんな事もあり、裁量トレード派には完全非裁量トレード(システムトレード)そのものを否定する考えが浸透している様な気がするのですが、

私はそんな論調はさておき、完全非裁量に解決の糸口(勝てる方法の確立)を求め、研究し続けたのです。

 

まずは良さそうなシステムロジック系の教材を数点購入して良いと思った部分を⾃分のトレードに採⽤したり、

⼿応えのあるロジックを作っては検証結果をノートに記録していきました。

 

手書き検証ノートはかれこれ10冊以上は潰したでしょうか。。

私の努力の結晶ですので、今でも大事に保管しています^^

 

しかし、この手書き検証の日々で、確実に力をつけていったんだなと思います。

例えば2本の移動平均線のゴールデンクロス、デッドクロスだけという、単純なシステムトレードでもクソ真面目に何年分も検証しました。

その様な単純なシステムトレードでは最終的には勝てない事がわかり、そのトレードにフィルターを付ける形でルールを追加してまた検証して。。

そんな試行錯誤の中で、安易なシステムトレードでは勝てない事も知る事が出来たのです。

 

「利益が残らないルール」を体で理解できると、「利益が残るルール」のアイディアが不思議と浮かぶものです。

その中で”損小利大”が大事である事を実感できたし、”損小利大”を達成するシステムロジックを求める様になっていったのです。

 

一旦裁量トレードと決別した私は、大変大きなものを得るに至りました。

ずっと裁量トレードに固執していたら今の自分はなかったでしょう。
結構な文字数になってきたので本記事は一旦締めさせて頂き、次回記事は、「システムトレードを徹底的に検証する事によって得られた事」について綴りたいと思います。

 

まとめ

誰しもが裁量トレーダーに一度は憧れるもの。

しかし現実には大多数の人々が裁量スキルが身に付ける事ができず、挫折しています。

 

それもそのハズ。

再現性が低い裁量トレードノウハウが多すぎるからです。

感覚・勘といった、トレーダーの主観に近いものはなかなか共有できるものではないのかも知れませんね。

 

それならばと、私は一旦裁量トレードの学習を辞め、非裁量トレード(システムトレード)の研究に転換しました。

その過程で、色んな気づきを得てきました。

続きは次回記事にて綴っていきたいと思います^^

E-Book「年間平均1万PIPSを稼ぐ戦略とその思考法」

常勝トレーダーのアタマの中、覗いてみませんか?

 
全71ページの読み応えある無料E-Bookです。
あなたのトレード戦略構築に是非生かして下さい!
このE-Bookを読めば、
「常勝トレーダーのノウハウ」
「トレーダー的思考法」

を知る事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA