BBPシグナルパーフェクトパッケージ 検証 EURJPY Type-R 3月2日(月)~3月6日(金)

FX龍聖

EA化して長期における統計的優位性をBBPシグナルパーフェクトパッケージ。

そのインジケーター精度を知って頂くべく、今後検証記事をアップしていきます。

検証上のルールをお読みの上、ご覧ください!

今回の検証通貨ペアは「EURJPY Type-R」で、検証期間は3月2日(月)~3月6日(金)です!

BBPシグナルパーフェクトパッケージ 検証ルール

BBPシグナルパーフェクトパッケージは、サインツール(インジケーター)です。

全てのサインを拾っての検証は膨大になってしまうので、EA版の軸となっている”転換サイン”にフォーカスして検証します。

転換サインとは、”第1サイン”のこと。
BBPロジックはトレンド方向に沿ってエントリーサインが発動します。

例えば上昇トレンドであればロングサインが連続して表示されることになりますが、
「転換サインからどれだけ伸びたか」
という点が重要視されます。

ということで、BBPロジックの肝となる転換サインの全てを検証し、
「次の転換サインが表れるまで最大何PIPS伸びたか」
という検証方法で記録をしていきます。

スプレッドは度外視しての表記です。

サインの中には、サイン方向に全く伸びなかったものもあります。

該当する箇所は”完全逆行”と表記しています。

BBPシグナルパーフェクトパッケージ 検証通貨ペア

検証する通貨ペアは、EA版で採用している4種になります。

  • EURJPY Original
  • EURJPY Type-R
  • USDJPY Type-R
  • GBPJPY Type-R

の4種類です。

ドル円とポンド円のOriginalもBBPシグナルパーフェクトパッケージには同梱していますが、EA版は調整を入れて4つのストラテジーにまとめています。

時間表記はGMT+2(冬時間) +3(夏時間)

検証チャートはFXTFのMT4を使用していますが、GMTは+2(冬時間)、+3(夏時間)での時間軸となっています。

日本時間との時間差は冬時間で7時間差、夏時間で6時間差です。

FX龍聖

それではBBPシグナルパーフェクトパッケージ サイン検証、行ってみましょう~!

EURJPY  Type-R 2020年3月2日(月)~6日(金)

3月2日

1時25分    118.943 ショート → 118.614 +32.9PIPS

7時15分    119.558 ロング  → 120.251 +69.3PIPS

13時55分  119.490 ショート → 119.261 +22.9PIPS

18時05分  119.719 ロング  → 120.949 +123PIPS

 

3月3日

8時15分    120.228 ショート →119.460 +76.8PIPS

 

3月4日

7時05分    119.875 ロング  →120.129 +25.4PIPS

18時25分  119.415 ショート →119.270 +14.5PIPS

 

3月5日

3時30分    119.753 ロング →119.845 +9.2PIPS

8時05分    119.575 ショート →118.808 +76.7PIPS

 

3月6日

12時45分  119.090 ロング  → 119.262 +17.2PIPS

13時50分  119.001 ショート → 完全逆行

15時30分  119.098 ロング  → 119.435 +33.7PIPS

FX龍聖

ボラティリティが高い相場状況では大きく狙いやすいですね!

実際はどこまで伸びるのかは正確に分かる術はないのが悩ましいのですが、それぞれに決済ルールを決めてトレードするのも一考だと思います。

 

ちなみにBBPシグナルでは、決済ポイントの表示は敢えてしないようにしています。

決済ルールは、トレードスタイルによって異なるべきだからです。

決済ロジックは独自ルールを定めて取り組むと本人の力にもなりますね!

EA化して統計的優位性を証明した本物のサインツールはコチラ!

E-Book「年間平均1万PIPSを稼ぐ戦略とその思考法」

常勝トレーダーのアタマの中、覗いてみませんか?

 
全71ページの読み応えある無料E-Bookです。
あなたのトレード戦略構築に是非生かして下さい!
このE-Bookを読めば、
「常勝トレーダーのノウハウ」
「トレーダー的思考法」

を知る事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA